「ほっ」と。キャンペーン

だろうね。


by shimesabao

うへぇ。雨なのですね。


BGMは、細川たかしの名曲。「望郷じょんから」です。


録画した「秘蜜」 (2005年韓国)/パク・チョルス/ソ・ジョン/シム・ジホ/オ・ユノン/ソン・ウッキョン/ユン・セジョン/ユ・ミョンスンを、集中して見る。


斎藤恵が、なんだか、とても良い。


白髪染め トリートメントの情報を調査。


神奈月、響、スピードワゴン、グラビアアイドルの中島愛里らが、ド派手なパチンコ発表会に出席で、特殊メイクに興奮だそうです。ふーん。


[PR]
# by shimesabao | 2010-11-24 10:51
外国長期ステイで重要となるのは、そのステイ地での住まいと、それにかかるステイ費を知る感じのことが必須となります。

ステイ地を決定する前に、この住まいとステイ費を十分に調べた上で計画を立てていくようにしてください。

これらの情報は、インターネットやツアー代理ショップなので調べる感じのことができるでしょう。

ここで、外国長期ステイで評判のステイ地であるコタキナバルに関して調べてみて下さい。

コタキナバルは現在、開発ラッシュでコンドミニアムも次々と建設されています。

コンドミニアムは、月々約2000Ringgitからあり1年以上の長期ライセンスが主流ですが、その一部をサービスアパートとして、実際、週や月単位で貸し出している感じのところもあり、そのケースに関しては月極めで約3000Ringgitくらいからあります。

家具つきのフラットのケースは少し安くなっており、ライセンス時に保証金2ヶ月と月々1500Ringgitからあります。

コタキナバルのホテルに関しては、ビーチ沿いに高級リゾートホテルがかなりいくつかあり、1泊200Ringgitからあります。

市内中心部に関しては中級ホテルが、実際、数多く点在し、1泊50Ringgitからあります。

そして、各ホテルでは外国長期ステイ用に大幅な割引プロモーションをきちんと実施しているところもあり、最大50%程度の割引でステイできるところもあるので調べてみると良いでしょう。

コタキナバルでの外国長期ステイにかかるステイ費は、夫婦2人の予算で、住居費を抑えたケースに関しては光熱費と合わせて約2500Ringgit、食費は我が国食を外食したケース約1500Ringgit、交通費やホビーにっかる遊行費と雑費が約1500Ringgitで、合計5500Ringgitとなり我が国円にして約16万円強でのんびり暮らせます。
[PR]
# by shimesabao | 2010-03-09 18:46

ブリスベンで長期滞在

外国長期ステイ先として、どなたでも過ごしやすい感じのゴールドコーストとブリスベンを紹介するのです。

とにかく天候がいいです。

亜熱帯で沖縄とだいたい同じ緯度だというと、「かなり暑いのではないか」と思われるような人が殆どだろうが、そんなというようなことはまったくありません。

南半球ではシーズンが逆転するので、実際に一番暑いのは1月と2月ですが、そのときの平均最高気温に関してはだいたい29度です。

平均最低気温についてはだいたい21度まで下がります。

つまり真夏なのに、30度を越える感じの「真夏日」が日々続くというようなことはありません。

亜熱帯なのに、だいたい25度以下にならない「熱帯夜」は殆どありません。

夏でも冷房はあまり要らず、うっかり窓を開けて寝ると、実際、風邪を引くくらいです。

しかも、湿度は我が国ほど高くなく、かなりからっとしています。

緯度が低く、陽がかなり高いので直射日光が当たると、実際、暑いが、日陰に入ると思いのほかまったく涼しいと感じます。

冬である感じの6月から8月の平均最高気温に関しては21度で、最低はだいたい10度です。

朝や夜にセーターくらいは、実際、あったほうがいい日もあるが、コートなどに関しては不要です。

よって、実際、気温が連日30度を超える我が国の夏に、「避暑」に来るのも、だいたい零下に近くなる真冬に「避寒」に来るのも良いでしょう。

勿論春も秋も心地良い。

という訳で長期ステイが始めての方にも、きちんと別荘を持って年数回通いたいという感じの方にもお勧めです。

アクティビティの多さと安さに関しても、ゴールドコーストとブリスベンの醍醐味です。

たとえばゴルフですが、1ラウンドだいたい500円から1500円程度くらいです。
[PR]
# by shimesabao | 2010-03-09 18:45